耐震・制振住宅

ピスコホームでは、安全かつ快適な耐震、制震住宅をご提案します。

くつろげる瞬間とは、周囲の安全を心から信頼できたときに訪れる至福の時間。 
家に住まう家族全員がくつろげる家をつくるには、巨大地震にも耐えられる安全を作ることにつながります。 また、安全なだけでは家とは呼べません。当社では思わず深呼吸したくなるようなぬくもりと、快適さをプラスし、安全かつ快適な耐震住宅をご提案します。

地震に強い家とは

写真

地震による建物の損害・倒壊は振動エネルギーが建物に伝わり、そのエネルギーに壁や柱などが耐えきれなくなった瞬間起こります。 
このエネルギーを受けても、耐えるよう構造・素材を強化した家が耐震住宅となります。
柱・梁部分に補強材を取り付け、巨大な地震のエネルギーにも耐える仕組みを作っているのです。
当社では、素材・工法・設計・地盤など細部にこだわり、お客様が心からくつろげる家づくりを目指しております。

耐震の歴史

イメージ

耐震の歴史は古く、大正8年市街地建築法から始まっていると言う説があります。 しかし、この法には、地震に関する規定はなく、構造強度のみを定めたものだけでした。 
しかし、大正12年、関東大震災を受け、翌年に市街地建築法の改正が行われ、構造強度が引き上げられました。 
具体的に耐震として規定されたのは、昭和25年建築基準法からです。 
その後、さまざまな大地震を経験し、規定の改定が何度もおこなわれてきました。 さらに、平成7年の阪神淡路大震災では、木造住宅の被害が大きかったことから、 建築基準法の大改正が行われ、現在にいたります。 当社では、建築基準法の遵守以外にも、お客様のニーズにあった耐震のご提案を行っております。

耐震基準とは

写真

ある程度の地震が起こっても、倒壊しない住宅を建築するための基準。先に述べた、建築基準法に定められた項目の一つです。 
振動への安全基準はもちろん、風圧・積雪・土圧・水圧などの安全基準も定められています。 
また、許容応力度等計算、限界耐力計算、エネルギー法、時刻歴応答解析など、建築される場所、建築物の高さ、大きさ、木造か鉄骨造か、様々な要素が絡み合って決定される基準です。 
私たちは、これらをお客様にわかりやすくご提案し、より安全でご納得いただける家づくりを目指しています。

耐震住宅を高いレベルで実現!

3つの性能が特徴の'X-WALL'

ピスコホームが耐震住宅の実現に推奨する1つが「X-WALL(エクスウォール)」です。 「耐震」「復元力(粘り)」「制振」、3つの強さ・特徴を備えたオールインワン耐力壁です。

【耐震の強さ】

X-WALLはガッチリした強さと固さを合わせ持ち、変形を抑える構造です。国土交通大臣認定・壁倍率3.4倍という高い耐震性があります。

【復元力(粘り)の強さ】

復元力とは変形しても損傷せず、元に戻ろうとする効果の事です。 X-WALLが建物全体に復元能力を付加し大地震時でも元に戻り、耐力の低下を抑えて残留変形を軽減します。

【制振の強さ】

制震とは、揺れを抑える効果の事です。揺れにブレーキを掛け、変形を抑えます。

※繰り返しの余震にもX-WALLの性能(耐震・復元力・制振)は持続します

図
図
図
図
PAGE TOP